読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんむぎのタネ

2017年にJGC回数修行を行うことにしました。でもANAマイルも引き続きためていきます。

台湾 日帰り弾丸旅行(台北〜十分〜九份)③ 台北駅周辺 朝食とタクシーチャーター編

スポンサーリンク

f:id:tenmugi:20161214193904j:plain

2016年12月3日(土) 台湾・桃園空港を早朝(5:30)に到着し、その日の22:45に出発するという現地滞在時間が17時間の弾丸日帰り旅行をしてきました。

 

今回は台北駅からの出来事です。

 

[前回の記事]

 


[目次]

 

四海豆漿大王で朝食

台湾で朝食といえば、阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)が有名なお店ですが、今回の弾丸旅行ではできるだけ時間を有効に使いたいので、並ばず食べれて美味しく、かつリーズナブルな朝食を探して、今回は四海豆漿大王(スーハイトウジャンダーワン)に行ってきました。

 

台北駅から中山地下街を歩いてR4出口を目指します。

途中、奇妙なオブジェがありました。

f:id:tenmugi:20161214194022j:plain

 

中山地下街

f:id:tenmugi:20161214194306j:plain

 

朝早いのでお店は開いていません。

f:id:tenmugi:20161214194400j:plain

 

R4出口から外に出ます

f:id:tenmugi:20161214194506j:plain

f:id:tenmugi:20161214194619j:plain

 

出口からすぐのところにお店がありました。

店の前に立ち、食べるジェスチャーをすると、奥に入ってという合図をされました。

待ち時間ゼロです。

f:id:tenmugi:20161214195434p:plain

 

注文したのは

鹹豆漿(酸っぱい豆乳スープ)

温豆漿(温かい豆乳)

肉包(肉まん)

油条(揚げパン)

蛋餅(玉子焼のようなもの)

 

これだけ注文して、わずか131元です(470円ぐらい)

f:id:tenmugi:20161219193704j:plain

 

店内の様子です

朝早かったからなのか、観光客っぽい人はいませんでした。

f:id:tenmugi:20161219193820j:plain

 

スポンサーリンク

 

 

タクシーと価格交渉

朝食を済ませ、タクシーを捕まえるために台北駅へ戻ります。

台北駅まで戻って、目の前に止まっているタクシーに交渉しなければいけません。

日本でタクシーのチャーターを探した時の相場が、九份〜十分を観光して6〜8時間で4000〜5000元ぐらいでしたので、まずは4000元から交渉したいと思います。

 

タクシーを眼の前にして、怖気付いてオロオロしている私を尻目に、妻がツカツカとタクシーに近づき、メモを片手に交渉を始めました。

 

日本でタクシーを手配できなかった時に、現地で交渉するための準備をしていたようです。

その時のメモがこれです。

f:id:tenmugi:20161219204800j:plain

青丸は途中で運転手が九份と十分の廻る順番をどうするか聞いてきた時のメモ書きです。

 

最初は4000元で交渉はじめたのですが、運転手から3800元で行ってあげるよと言ってくれたらしく、すぐに交渉成立でした。

f:id:tenmugi:20161219205213j:plain

 

年配の運転手で日本語・英語とも通じないので、ちょっと苦労しそうでしたが、漢字で筆談すればなんとかなると思い、お願いすることにしました。

 

さて、無事タクシーもチャーターできましたので十分に向けて出発です。

時間は8時少し過ぎたあたり、今の所予定通りに行動できています。

 

次回は十分で天燈上げを体験します

 

www.tenmugi.space