てんむぎのタネ

2017年にJGC回数修行を行うことにしました。でもANAマイルも引き続きためていきます。

クレジットカードで海外キャッシング ATMによってはレートがかなり違います

スポンサーリンク

私は海外旅行の際、外貨を手に入れる手段として両替ではなくクレジットカードでキャッシングをするようにしています。

 

いままでは、どのATMでも、それほどレートに差はないだろうと勝手に思っていたのですが、今回の香港旅行でHK$1 = 1円もの差がありビックリしましたので、記事にしてみました。

 

今回の香港では、3回ATMでキャッシングを行いました。

・香港国際空港のTRAVELEXのATM

・香港駅の恒生銀行のATM

・尖沙咀駅のHSBCのATM

 

下の図はSBIカードのキャッシング履歴ですが、黄色く囲ってある部分、これは香港国際空港のTRAVELEXのATMでキャッシングしたものになります。

恒生銀行とHSBCでキャッシングした分は、この表示にあるようにHK$1 = 14.6円ですが、TRAVELEXだけが香港ドル表示がなく日本円で書かれています。

 

f:id:tenmugi:20170323153628p:plain

 

こちらが、ATMの利用控えです。

このレシートからHK$1 = 15.59のレートになっていることがわかります。 

f:id:tenmugi:20170323154541p:plain

 

この時は、HK$1500を引き出しているので、HK$1で1円違えば1500円もの差になります。これは痛いです。

HK$100といえば、エアポートエクスプレスで香港国際空港から香港駅まで乗れてしまいます。ピークトラムなら大人2人が往復してもお釣りがくるレベルです。

 

レシートで円に両替したレートが載っていること、SBIカードの明細には円でキャッシングされたことになっていることから、TRAVELEXのATMでキャッシングすると、現地通貨でキャッシングされずに、日本円に両替されてキャッシングされるのだと思います。

 

これからは、銀行系のATM以外の利用は控えたいと思います。

 

あ〜、なんのために海外キャッシングしてるのやら...