読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんむぎのタネ

2017年にJGC回数修行を行うことにしました。でもANAマイルも引き続きためていきます。

香港エアポートエクスプレス オクトパスカードでも片道料金で往復可能(ただし当日限定)

スポンサーリンク

f:id:tenmugi:20170323092127j:plain

エアポートエクスプレスはオクトパスカードでも、当日にかぎり復路分の料金が無料になります。

香港乗り継ぎ時や弾丸ツアーなどで、香港市内を1日で観光するときに便利に利用できますね。

 

 エアポートエクスプレスとは

エアポートエクスプレス(AEL)は、香港国際空港から香港駅まで24分で結ぶ、最速の交通手段です。

香港国際空港に直結しており、改札をとおらずにそのままAELに乗り込むことができます。

九龍駅までHK$90、香港駅までHK$100と少し高いですが、九龍や香港まであっという間に到着しますし、香港市内での観光時間を最大限活用するには、是非利用したい乗り物です。

それに、今回ご説明する方法だとバスを利用するのとあまり変わらない費用で往復できます。

 

オクトパスカードとは

日本でいうところのSuicaのようなプリペイド式のICカードです。

あらかじめトップアップ(チャージ)しておく必要があります。

交通機関だけではなく、コンビニやスーパー、自動販売機などでも利用できます。

MTRにある客務中心(カスタマーサービス)で購入できます。

最低入金額はHK$100、デポジットにHK$50が必要です。

 

オクトパスカードの種類

オクトパスカードには、様々な種類がありまうsが、通常タイプ(上で説明したもの)以外にも旅行者向けに以下のようなカードもあります。

MTR(地下鉄)が3日間乗り放題+AEL片道 HK$220

MTR(地下鉄)が3日間乗り放題+AEL往復 HK$300

※いずれもデポジット(HK$50)が含まれています。

AELから乗り継ぐMTRが無料

九龍駅や香港駅でMTRに乗り換えできますが、1時間以内の乗り継ぎであればMTRの運賃が無料になります。

 

当日中の香港国際空港〜香港駅(九龍駅)の往復だけなら通常タイプの最低チャージ分でOK

オクトパスカードを使ってAELに乗車した場合、当日中(23:59まで)に往復すると復路分の料金が無料になります。

1時間以内のMTR乗り継ぎであれば、MTRの料金も無料になるので、香港駅からさらにMTRで観光にも使えます。

無料シャトルバスが使えます

また、香港駅・九龍駅からホテルへの無料シャトルバスが利用できます。

チェックインができます

香港駅・九龍駅の航空会社カウンターでチェックインができますので、その場で荷物を預けて移動することもできます。

 

帰りの分のMTR分も無料に

AEL →MTRの乗り継ぎ時だけではなく、帰りのMTR→AELの場合でもMTRの料金が無料になります。

MTRの改札を出た時に、一旦料金が引き落とされますが、AELの改札を通過した際に返金されます。

f:id:tenmugi:20170323101450p:plain

一番下にあるのが、香港駅で支払ったエアポートエクスプレスの運賃です。

そこからMTRに乗り継いでいますが、その運賃は0になっていますね。

上から二つ目は帰りのMTRの運賃です、一旦HK$9.7の運賃が引かれていますが、その後、香港駅の改札を通過した際にHK$9.7が返金されています。

さらにAEL分の運賃は引かれていません。

このまま香港国際空港へ戻りましたが、空港では改札はないので運賃を引かれることはなかったです。

 

23:59までに改札を通過すれば当日扱い

0:00〜23:59までの往復について、復路分が無料になります。

AELの香港国際空港駅には改札口がないので、香港駅・九龍駅・青衣駅の改札を23:59までに通過すれば、空港着が0時を過ぎていても当日扱いです。

 

AELには当日限定往復切符もあります

実はAELには、当日限定往復切符というものがあります。

料金は香港国際空港〜香港駅でHK$100です。

今回のオクトパスカードと同じようにMTRの乗り継ぎ無料なので、単純に往復だけならデポジットが不要なこちらのカードがいいと思います。

ただ、ピークトラムの切符売り場はいつも激混みで長時間ならばないといけないところがオクトパスカードを持っていれば切符を買う必要がなかったり、バスやフェリーに乗る際もいちいち切符を買う手間がかからないので、その日のスケジュール次第でどちらにするか決めてはいかがでしょうか。

 

オクトパスカードの余った分の払い戻し手続きは簡単

オクトパスカードの残額とデポジット分を払い戻ししてもらうのも簡単です。

客務中心へいってRefundと告げれば、残金+デポジットを払い戻ししてくれます。

ただし、購入から3ヶ月以内の場合、手数料としてHK$9が引かれます。

オクトパスカードの有効期限は3年間あるので、また香港にくる予定があるなら、そのまま払い戻しせずに帰国するのもいいんじゃないでしょうか。

 

最後に

AELには当日限定割引切符があるので、オクトパスカードを使うのがお得かどうかは微妙ですが、香港観光でオクトパスカードの便利さは一度つかったらやめられません。

そのオクトパスカードで当日限定割引切符と同じサービスを受けることができるというのはいいですね。

 

情報お待ちしてます

たとえば、往路に香港国際空港〜香港駅を使って、復路は九龍駅〜香港国際空港を利用した場合、復路分は無料になるかは試していません。

(運賃は九龍駅からの方が安いので、無料になりそうな気はしますが)

逆のパターンはさすがに無理だとは思いますけど。

 

知ってる人がいれば教えてくださいm(_ _)m